新しいことを始めるには、日常化できるまでの継続が必要。

おはようございます。
月曜日の朝は休み明けの方が多いですよね。「今週も頑張るぞー!」って、気分新たに意気込みも出やすいですよね。
といいながら、私は週末がハードだったので、今日はのんびり過ごす予定でいます。
こうやって、自分の体調に合わせて進めていけるのがフリーランスのいいところです。

さてさて、先日、5年ぶりにゴルフをしてきました。
1階分の階段を登るだけで息切れを起こすほどの体力の無さと、ブランクが心配だったんですけど、なんとか1ラウンド回ることができました。前半は60、後半は50と、久しぶりにしてはいいスコアが出せました。

正直なところ、5年もブランクがあるとできるのかどうかが不安でした。事前に練習をしようと思っていたけど、なかなか行く余裕もなくて。
とにかく迷惑にならないよう、ついていければいいかなと思っていたんです。

前半は自分の悪い癖が出ちゃって、ミスだらけ。
後半はその悪い癖を抑えるようにしたら、なんとかまとまりました。

私がゴルフを始めたのは20年前のこと。
その時はいきなり練習場に連れていかれて、借り物ののクラブで振って、とりあえずボールが打てる状態にして、次の日にコースに行くという、かなり強引なデビューでした(笑)

スコアも数え切れなかったし、半泣きでヒーヒー言いながら、走りまくって…
こんなにシンドいものをなんでやるんだろうって。

でも、初めて行ったゴルフ場のクラブハウスが素敵だなって思ったり、コースの気持ち良さというのがあって「また来たいな」って思ったんです。
当時の私は短絡思考だったので、まず「ゴルフ場に行くにはどうすればいいか?」って考えたんです。当然のことながら「ゴルフができるようになればいい」ってことですが、そのために何をどうすればいいのか、そういうことを仲のいいお客さんに聞いたんですよね。その答えは「練習すればいい」って。

練習はどこですればいいのか。
どういう練習をすればいいのか。
わからないことだらけでしたけど、まず練習できる環境を整えてもらい、そこからひらすら通ったんです。ほぼ毎日、半年以上は通ったはず。そして、ラウンドするようになって、毎日はいけなくなったけど、数年は練習場に通いました。

そのおかげで基礎が身についているんですよね。
だから、ブランクがあってもなんとかまとめる程度にはできました。練習を重ねた日々は自分を裏切らないものなんだなぁって。

ゴルフをずっとやっているときは「もっとこうしたい!」という欲が出てきちゃってちっとも上達しない自分に腹がたったり、他の人のプレーに感化されて自分のスタイルを乱したりしてしまって、本来の自分ができる範囲を忘れてしまっていて、そもそもゴルフをどうしてやりたくなったのかという、本来の目的を忘れていたかもしれません。

久しぶりのラウンドは、メンバーに恵まれたことも大きかったと思います。
気さくなメンバーさんでしたけど、ご一緒するのは初めて。程よい緊張感と、楽しんでプレーするという環境があったから、基本に帰れたんだと思います。

新しいことを始めるには習慣化することが大事。
これは常にお客さんに言っていることですが、始めたときはその習慣化したことが発揮できる場面が想像し難いですよね。この費やした時間は果たしてどんな結果になるのか。そこが想像できないから習慣づけられない、時間の優先順位を落としてしまうんですよね。

コツコツ継続するということは、時間を掛ける割にはすぐに成果を感じられないから、面倒くさいと感じてしまうものです。大人になるほど時間のやりくりも大変になります。
でも、そこを乗り越えないと、新しいものに触れる機会をどんどん失っていってしまうんです。

できないままの状態でいると、その良さを実感できないから、知らない、わからない、自分には縁遠いものだと、気持ちも行動も離れています。
できるようになれば、良さがわかり、わかることが楽しいに繋がり、その楽しさを広げることができ、その楽しさにまた人が集まるようになります。
やる、やらないとでは大きな差が生まれるんです。

やり始めたことを習慣化するまでは時間がかかりますが、その時間を乗り越えるには「こうしたい!」という目的をしっかりもつこと。これに尽きます。
基本を身につければ、応用はいくらでもできます。応用法ばかりに目が言っても、基本ができていなければ、できないのと同じです。

私はデジタル発信を知ったとき、操作の仕方がわからなかったのですが、それ以上にわからなかったのは発信内容の作り方でした。文章をどう書いていいのかわからない。だから、操作も覚えきれない。それならば、文章の書き方をとにかく覚えることにしました。
そのときにやったのは、師匠である藤村先生のブログをひたすら書き写すことでした。
毎日、2000文字ぐらいの文章を3記事書き写す。
これを1年ぐらい続けました。

あの日々があったから、できるようになった。ただそれだけなんです。

時間がかかっても基本を身につける。
これが継続につながり、新しいものに挑戦するということなんですよね。

そんなことを改めて思った一日でした。