SNSは使い方を知るより、関わり方の可能性があることを知ってほしい。

フリーランスになって5年。曜日に作用されない日々ですけど、曜日感覚がなくなると時間感覚もあやふやになってしまうので、その辺りは気をつけるようにしています。

でも、気を抜くと「あれ?何日だっけ?」って…(笑)今日は10日でしたね。

さてさて、自分の仕事の意味って何だろうな?って、ときどき振り返るようにしてます。
スナック時代にも考えることはあったんですけど、その意味の捉え方がちょっとずつ変わってきてます。

お客さんを大事にするという気持ちは変わらないんですが、その「お客さん」という存在の認識の仕方や、「大事にする」という行為は何を指すのか。そういうところを見直してます。で、私が最も大切にしたいのは「人間味」です。

お客さんも売り手も人間で、そこには人間ならではの気持ちがあって、そこを無視していたら商売にならないんじゃないかなって、そう思ってます。

気持ちは生ものなので、行き違いも出ますし、通じきれないこともあります。でも、それがあるから人相手の醍醐味もあるんですよね。

私はSNSコンサルで生計を立ててますが、使い方を知ってほしいのではなくて、お客さんとの関わり方を広げたり、深めることを知ってほしいなって思ってます。
人の心理を全部わかってるわけではないですけど、お客さんと分かり合える関係の楽しさを知ってて、それが仕事のモチベーションになるのを知ってるから…そこを取り入れてほしいなって思うんです。

商売を良くするのは、そこに携わる人がするものですけど、携わる人の気持ちを高めるのはそこに関わるお客さんの存在です。その存在があるから、良いものを提供しようと思うんだし、それをより楽しんでもらえるような発想や工夫が生まれます。

視野を狭くしていると、自分本位な考えになりがちになりますが、SNSを使うことで視野が広くなるんですよね。
だから、もっと積極的に使ってほしいな。
そのために私自身ももっと使い倒していかないといけないなって。

そんなことを思った水曜日です^^