相談を受けるとき、姿勢に気をつけるといいですよ。

2018年10月4日

この間、カウンセラーの友達と相手のお悩みを聞く時の姿勢に気をつけないと、相手の気を背負いやすいよってことを話しました。
スナックのママ時代、ママ職というのはある意味カウンセラーちっくなところがあるので、カウンセラーの方の事情とかもわかるんですよね。

で、その相談内容には、案外その人の気も込もってたりするんですよね。
話して解消したいタイプの人は大丈夫なんですが、内容よっては相手をコントロールしたいと思う人もいますし、深刻に捉えすぎてマイナスパワーが強くなってる人もいます。
見極め方は「違和感」です。

ちょっとでも違和感を感じたら、姿勢を変えるようにしてます、私。
というのも、そのパワーをモロに喰らうと弱るんですよね。ひどい時は寝込んじゃうぐらい。

以前はそのことに気づけず、病んだときもあったんです。
気の保ちようだと思うんですけど、調子のいいときもあればそうでないときもあります。自分自身のコントロールも必要だなって思ったんですよね。

それから、違和感を感じたら、気の流れを作っておくようにしています。
そうするとダメージが少なくなるんです。


私に限らず、女子は相談されることが多いと思います。そういうとき、ふんふんと前のめりにならずに、ちょっとカラダを開いておくとシンクロせず、ラクに聞いてあげられます。

今日はそんな「気」のプチネタでした(^-^)