初めて参加するエクスマセミナーを緊張せずに楽しむ3つのコツ。

初めてエクスマセミナーに参加したのが2012年、8月30日でした。
あの日以来、6年間エクスマセミナーに通っています。何回参加したのかなと数えてみたんですが…数え切れませんでした。最低月1回は行ってて、多いときは月3回とかあって。おおよそ150回ぐらいなのかなと思います。

なんでそんなに参加するかというと、エクスマでの学びの時間がとても楽しいからなんです。
どんなにためになる勉強会でも、楽しさがなかったら続かないんだろうなって思います。

藤村先生のお話や雰囲気がこの楽しい時間の大元ですけど、それだけではないんですよね。自分が初めて参加した頃を思い出しながら、初参加する方のためにエクスマセミナーを緊張せずに楽しむ3つのコツを書いていきますね。

1・一人参加でも臆さずに周りの人と会話してみる。
2・会場内は撮影OKなので、スライドはもちろん、講師の方や周りの方と写真を撮る。
3・藤村先生のSNS、メルマガ、ブログを欠かさず読んでおく。

1・一人参加でも臆さずに周りの人と会話してみる。

私が初参加したとき、当時の塾生さんに知り合いもいませんでしたし、紹介者もいない状態で一人で参加しました。一人で参加するのって、ちょっとビビるんですよね。どんな進行になるのか予測がつかない状態でいるから、その場に馴染みづらいし。
エクスマセミナーは、テーブル席に何人かが一緒になる形になっています。なので、一人っきりポツネンと座ることはなく、必ずお隣さんがいる状態になります。
せっかく隣り合わせになるので、ご挨拶がてらお話してみるといいですよ。

もしくは、知っている塾生さんがいればお願いして、他の塾生さんや参加者の方を紹介してもらうのもいいですね。私は2回目から、知り合った塾生さんが端から紹介してくださったので、馴染みやすくなりました。

あとは、事前に仲良くなりたい人をTwitterでチェックしておくのもいいですね。
#エクスマセミナー #エクスマ塾 で検索すると、参加している方のツイートを見ることができますから、そこで目安をつけておくと話もしやすくなります。

名刺もあるといいかなと。
このSNS時代に名刺なんてもういらないよねー、といわれますが、案外アイテムがあると間をもたせる事ができたりします。ご自身のSNSがわかるような名刺なら、「あ、見たことあるー」といった感じで話が弾むかもしれません。

場に馴染むと雰囲気がつかめるので、その場が楽しみやすくなります。

2・会場内は撮影OKなので、スライドはもちろん、講師の方や周りの方と写真を撮る。

最初の頃、スマホの使い方がわからなくて、スマホ写真すらも使えなかったんです、私。
そして、セミナー中のお話はぜ~んぶ手書きのメモでした。

これはこれでいいんですけど…振り返りにはちょっと味気なかったりしますし、講師の方がどんな顔でいるかというのがわからないんですよね。
なので、写真を撮ったほうが絶対いいです。

表情も入れておくと、その時の話の様子が思い返しやすくなりますしね。
写真をとっておくことでSNS投稿もしやすくなりますし、振り返りもしやすくなります。
なりより、かさばらない!いつでも思い出したいときにサクッと見れますから。

そして、ご挨拶した方、隣になった方との写メも必須です。

顔って、案外忘れないんですよね。
写真をとっておくことで、こんな話をしたなーとか、その時の印象も同時に思い出すことができます。

3・藤村先生のSNS、メルマガ、ブログを欠かさず読んでおく。

エクスマセミナーに参加する前に藤村先生の発信を見ておくと、その時の話の内容が入りやすくなります。

藤村先生のTwitter

藤村先生のメルマガ登録はコチラから↓

藤村先生のブログ

藤村先生は毎日惜しみなく、仕事に役立つ内容を発信してくださっています。その内容だけでもとても学びになりますが、実際にお会いして聞くと、その内容の深さに気づくことができます。
藤村先生のその見解のもととなった出来事、そこから感じたこともお話くださるので、その内容が気持ちの深いところで感じることができるし、だからこうなんだなと、自分自身で理解する答えを見つけることもできます。

あるお客さんは
「藤村先生のお話はスーッと気持ちに入ってきて、とてもわかりやすい」
「文字で見るより、実際にお会いしての話の方が感動する」
とおっしゃってて、私もその通りだと思ってます。

直に聞きたい!
直に聞くことで、気づきや学びのポイントがありますし、
直に聞くことが学ぶ楽しさに繋がります。

そして、今月のエクスマセミナーは7月17日(火)にあります。
ゲスト講師はエヴァ塾で一緒に学んだ「最強のふたり」です。

山形県米沢市の、おふたり様専用のホテル『時の宿すみれ』の女将 黄木綾子さん。(あやっち)
山形県南陽市の『株式会社 夢源』空飛ぶ車いす社長 加藤健一さん。(けんぼー)

黄木さん(あやっち)のブログもぜひ読んでみてください!

お客さまに愛される女将。
だけど、そこまでにはいろんなご苦労があったといいます。いまのあやっちの姿からは想像できないことばかり。そこから今に至るまでの話は旅館業の方はもちろんのこと、お客さんといい関係性づくりをしたい方にはとても参考になることと思います。

お申込み・詳細はこちらをご覧くださいね。

もし開けない場合はFacebookイベントページもあります。

先日もバイト先であるお客さんとエクスマの話になりました。
それを聞いて思ったんですけど、エクスマが気になっている方がまだまだいるかもしれないですね。一人で行きにくいーとか、様子がわからないからと二の足を踏んでいる方もいると思います。

でも、参加してみれば、その不安も消えると思います。私は行きたいなと思ってから、2ヶ月かかりましたけど、あの2ヶ月間がもったいなかったなと今ではちょっぴり後悔してます。
気になったときが行き時です!
この機会に一緒に参加してみませんか?

エクスマ

Posted by smika