自分の仕事を好きだからこそ、仕事が楽しめる〜2018.6.13 エクスマセミナーより〜

エクスマセミナーは何度行っても、毎回楽しいし、毎回気づきと学びが満載な場です。
終わったあとにエクスマエヴァ塾17期のメンバーとの記念写真からもわかってもらえると思いますけど、みんなめっちゃ笑ってますよね。
ビジネスセミナーなのに。

小難しい顔つきする人は誰もいない。
感動して涙する人はいるけれど、悲しそうな顔をしている人もいません。

エクスマを知って「仕事は楽しむものなんだ!」と聞いて、その意味がだいぶ分かるようになってきました。

仕事を楽しむというと、「そんなことをいうほど世の中は甘くない!」とか、「そんな気楽なことをいってたら仕事にならん!」とか…いろんなご意見をもらいます。

でも、楽しむというのは、無責任になるとか、、ラクするとか、そういうものではなく、仕事に対する情熱や心の底からある想い、仕事に対する責任、使命を感じるからこそ起こる感情なんだと思います。

仕事を楽しめないのは上っ面でやっているから。
自分の仕事を貫く覚悟がないから、そうおもうんじゃないのかな。

「楽しいところに人は集まる」
私は常日頃、それを感じています。だから、集客したいなら、まずは自分が楽しまなくっちゃいけないし、自分が楽しめないことは人も集められないと考えています。

そして、仕事を楽しむには、自分の仕事が心底好きでいないと到達できないものだなということを今回のゲスト講師のお二人から学んできました。

独自化とは、目の前のお客さんを喜ばせること

一人目のゲスト講師は、但馬牛繁殖農家をされているカズマこと、田中さん。畜産業の中で一番発信されている方です。

独立起業して畜産業をするというのは、心底好きじゃなきゃできないことですよね。それでなくても、4Kと言われるほどキツいことばかりある仕事。好きで始めたしごとでも、良いことばかりじゃなかったそうです。

いろいろ言われる中、周りを見返そうと仕事を頑張り、いろんなメディアに出たりしたけど、それは勘違いだったと、圧倒的な差別化で独自化しようとして、独自化の解釈を間違えていたと、田中さん。
他と違うことすればいいとか、目の付け所が人と違うとか、自分のこだわりとか、そういうことは独自化ではない、と。

そこに気づけたのは、あるお客さんからの手紙だったそうです。
牛へのこだわりやブランド云々ではなく、「田中さんのところだから」という言葉で、自分らしさが喜ばれることにつながると気づいたそうです。

そして、いまはSNSという発信手段があり、それぞれのSNSの特性を活かした発信をすることで、田中さんの日常を楽しんでもらえる人とのコミュニケーションを楽しんでるそうです。

仕事を頑張るのは当たり前の話。
それをわざわざ誇示することなんてないんですよね。

頑張っている姿は日常からにじみ出ますもん。
その姿から、人はいろんなことを感じ取り、気持ちを寄せていくのだと思います。

だから、等身大でいることが大切なんですね。

田中さんはご夫婦でお仕事されてて、奥さんのことを話すとき、田中さんの顔がほわぁ〜ってなるんですよね。あ〜、本当に大切に思っているんだなって。
心の底がきれいな人のその感情がそのまま出ちゃう。
だから人は引き寄せられるんですよね。

さらけ出すからこそのカッコよさ

二人目のゲスト講師は、丸安毛糸の社長 ニットこと、岡崎さん。岡崎さんはエクスマ歴も長く、会社の販促物にエクスマを取り入れて数々の事例を出されている方です。

以前、岡崎さんの講演を何度か聞いていますが、今回は販促物のお話ではなく、社内でのエクスマを取り入れたお話でした。

エクスマは正式名称が「エクスペリエンス・マーケティング」で、基本はマーケティングを学ぶ場です。でも、単なる売り方テクニックの伝授ではなく、売り方の大元である、考え方、仕事に対する姿勢、そして、その仕事をともにする人との関わり方といった、仕事環境全てに関すること全般を学びます。

仕事はたった一人でするものではなく、そこにはお客さんをはじめ、社員さん、取引先など、たくさんの人との関わりがあるものですよね。

岡崎さんは、社員さんとの関わり方からの気づきをお話してくださいました。

社員さんのことを嬉しそうに話す岡崎さん。
糸が好き、ニットが好き。岡崎さんも、社員さんも同じ気持ちなんだなっていうことが伝わってくる事例でした。
そして、会社の基本的なことを好きでいてくれるから、本人の好きを掛け合わせることができ、それがまたいろんな成果につながっているんですね。

好きって、本当に最強なんですね。

で、岡崎さんのすごいところは人にやらせるばかりではなく、じゃあ、自分はどうなの?っていうことまでさらけ出してくれるところ。

社長だから、エリートだから(笑)、本当はしているけど、隠してたって。

でも、自ら進んで見せることが大切なんだと。
売る力というのは、まずは楽しんでいる姿を見せることから始まることなんだろうなって思います。

心の底のどこかでその仕事が好きじゃない、楽しくない、イヤイヤやっている、ガマンしている。そういうことがあったら、どんなに頑張っても売る力はつかないと思います。

好きでいるからこそ、何度も何回もチャレンジできる。
その中でうまくいかなかったことすら、過ぎてしまえば楽しい一部になっていくのだと。

まずは、自分の仕事を好きかどうか。
仕事を楽しむには、そこが大切だと思います。

今回のゲスト講師のお二人から、仕事を楽しむには、仕事を好きでいること、仕事を取り巻く環境、関わる人への愛情を持つことが必要だということを教えてもらいました。
こういうことは、言葉で理解するのではなく、気持ちで理解していかないといけないことですね。

とても素敵な時間を過ごすことができました。
ありがとうございました!

そして、次回の東京エクスマセミナーでは、またエヴァ塾同期の二人が登壇します。


こちらもお二人のお話もめっちゃ楽しみです!!

エクスマ

Posted by smika