エネルギーも知識も溜め込んでたらダメで循環させるといい。

2018年5月13日

若い頃、頻繁に献血に行っていました。
というのも、出すことで新しく造られるって言う話を聞いて、それなら減るものじゃないし、あるものは使ってもらおう、そんな気分でいたんですよね。
最近は血液の質が悪いので行ってませんが。

エネルギーも知識も溜め込んでたら活きてこない

先日、バイトに行ってふと思ったことなんですけど、人と話すというのは、めっちゃエネルギーを使うんですよね。結構消耗するんですけど、その分新しいエネルギーも湧いてきます。話すことによって循環されるって感じ。循環させるって案外大事なんですよ。

使うと減るからもったいない、といったような表現したり、思っている人もいますが、じつは逆。自分が持っているものは使ってナンボなんです。

溜め込むというのは、動かさないでいるからどんどん古くなります。
古いものを溜め込むのは、逆に疲れる原因にもなります。

自分が持っているものはとっておくのではなく、動かすことで活きてくるんです。

出すことで新しく吸収する。この循環が大事。

知識だって、それを活かすところがなかったら意味を持ちません。
出すから、それの使いみちが見えて、使うことでそれが磨かれます。

入れて溜め込んでいたら、光るどころか淀んでしまうんです。

出す、と考えていると、減る、と思ってしまうからもったいなくなってしまうけど、循環させると思えばいいのかなと。

自分が持っているものを出すことで、それの使い勝手がわかったり、新たな工夫がみえたり。
よく、出すから入るって言いますよね。

押し出し式に出して入れるイメージにするのではなく、円形でつなげて回すイメージのほうが良いのかな。そのほうが自分がアップデードしていくイメージがつきやすいです。

こういった眼に見えないことはイメージが大切で、気持ちの持ち方によって現象が変わってきます。意識するかしないかで、気持ちの持ち方って変わりますから。

溜め込むと貧しくなり、循環させることで豊かになれる。
そういうものだって思っています。