伝えたい内容に例え話を出すと分かりやすくなる。

2018年5月12日

先日書いたブログで、想っていることは言葉にしたほうが良いよということを書きました。

ですが、言葉にさえすれば伝わるのかというと、そうでもないんですよね。
難語にしてみたり、箇条書きしたりしても、それはそれで伝わりづらいものです。ものには言い方っていうものがありますよね。

私は若い頃、スタッフの受け答えに対して単発的に答えてしまうことがありました。
「知らん」
「やって」
「行って」
いま思えば、その理由というのをきちんと伝えてなかったんですよね。

当時は自分も仕事に必要なことの内容を深く考えることがなく、「そういうものだ」という自分定義で動いていたので、自分だけ自分なりにしか理解できていなかったんです。
ま、そんな経営者にはスタッフは辟易しちゃいますよね。

逆に、お客さんにはなんとかしてわかってもらおうと思うので、アレコレその話しで想定できることを一生懸命考えます。

ヘンな話、お客さんはお金をくれる人だから、ちゃんとしなきゃという気持ちが強く、スタッフには、いつも一緒にいて自分と同じように仕事をする側だからといった甘えがあったんだと思います。お客さんもスタッフも、自分が想っていることを伝える存在というのは同じなのにね。

自分の気持ちを伝えて、同じ景色を見たいのなら「伝える」勉強は必須

自分の気持ちを伝えて、同じ景色を見たい。
そう思うのなら、伝えることに対する勉強をしていかないといけないと思っています。

だから、言葉にするとか、表現するということに真剣に向き合います。
でも、それだけでは足りないんですよね。

その言葉や、その表現で、相手が自分ごととして想像できるかどうか。
伝えるには、そこがポイントなんだと思うんです。

淡々と語られても、聞き手が想像できない世界だと、とても苦痛なものになります。
これね、自分で練習しながら思うことなんですけど、語る側は必死に考えているにも関わらず、自分だけで完結してしまっている内容になっていて、相手の想像力を考えていないからそうなってしまうんです。

相手が想像しやすい筋書きづくり

その話の内容は「場面」が思い浮かぶと理解しやすいって言うことがありませんか?
私は、エクスマの藤村先生のお話を一番最初に聞いたとき分かりやすかったのは、その話の場面が思い浮かんだからなんです。難しい言葉もありましたけど、その場面がわかるから、仕事に対する姿勢に足りないことがあったんだってことが理解できました。

足らないものを補うだけでは足りなくて、そこからの試行錯誤が大切。そして、仕事をする以上それをやり続けることが必要だと。そう感じたからひたすら続けています。

こうやって、行動につながるということは「伝わるから」起こる現象ですよね。
だから、お客さんに行動してほしかったら伝えなきゃいけないってこと。

藤村先生のお話にはいつもストーリーがあります。

「好きなことを仕事に取り入れよう」と仰る内容には、なんでそれが良いのかということだけではなく、それによってどんなことがあったか、それで何ができるかということを実際に見聞きしたことで例え話にしてくださいます。

例えばジャズが好きだとします。
最初は手当たり次第聴きまくる。
参考書籍やジャズマニアのブログやジャズ好きの友達から、どれを聴いたらいいかを調べ、聴きまくる。
そのしているうちにもっと知りたくなったり、もっと聴きたくなります。
そうしたら勉強も苦じゃなくなりますよね。
好きなことに関しては、努力が努力でなくなるということ。

よくあるんですが、「好きと言ってもそんなに詳しくないし、私より詳しい人が世の中にはたくさんいるから」っていう発言。
そんなの気にしないことです。
別に研究者になれっていうことではないのですから。
まずは周りの友人よりちょっと詳しくなることが目標です。

好きを仕事にするために必要な「3つの準備」 

ちょっとしたストーリーを入れることが、相手の想像力につながるんですよね。

ストーリー作りに役立つのが漫画や小説

私はよく漫画や小説を読むのですが、以前はなんとなく読んでました。
でも、意識して読んでみようになると、その物語に入り込めている自分がいるってことに気づいたんですよね。そこに出てくる主人公や、その周りの人たちの気持ちに入り込んで共感しまくってる。そこに入り込むには、入り込む流れがあるってことなんです。
これって、自分の話を聞いてもらうのにとても必要なことなんですよね。

そして、引き込まれる要素はいろいろあります。

何が書かれているか分かるタイトル
誰が書いているものなのか
メッセージ性

作者のファンであれば、内容云々ではなく、今度はどんな話なんだろう?というところに興味があるし、よく知らない作者であれはタイトルから感じるところで選びます。
そして、この作品から何を感じればいいんだろうとか。

こういうストーリーはパターン化して、それを繰り返すのではなく、いろんなパターンを考えることが大切なんですよね。一辺倒な切り口だけでは、相手が飽きちゃいますし、自分自身もつまらなく感じてしまうから。

結局、何が言いたいかと言うとですね…
伝えるってことは人の心に触れるということで、触れるということはそうそうカンタンではないってことです。

でも、そこで諦めちゃいけない。

考えて、やってみて、また考える。
この繰り返しの挑戦が大事ってことです。

私もめげずに頑張ります!