Twitter画像が「不適切な内容」で見られないときの対処方法

不適切な内容ではないのに、Twitterの画像表示がされず警告文が出てしまうのは、Twitterのシステムの関係上だと思われます。


画像表示をさせるには、受信側が各個人ごとに設定を変える必要があります。
一度設定すれば普通に閲覧できるようになるので、表示させたい人は設定を変えてみてくださいね。

設定を変えるにはスマホ操作より、パソコン操作のほうがカンタンです。

パソコン操作で設定する方法

パソコンで立ち上げたTwitter画面に表示されている右上のアイコンをクリックします。

メニューが出てきますので「設定とプライパシー」をクリックします。

画面が変わり、左にあるメニューから「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

画面の一番下にある「画像/動画の表示 センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」にチェックを入れます。

チェックを入れ、「変更を保存」をクリックして設定終了です。
このパソコン操作をしておけば、スマホの操作にも反映されますので、スマホ設定での設定はしなくていいです。

スマホ操作で設定する方法

とはいっても、パソコンを持っていない方もいますよね。スマホからでも設定できます。
ですが、ちょっとややこしいので、しっかり読んで操作していってくださいね。

まず、いつも使っているTwitterアプリからの設定変更はできません。Twitterをパソコン版(ブラウザ)で立ち上げる必要があります。
(ここがちょっとわかりづらいところです)

iPhoneですと「Safari」を使ってTwitterに接続します。
Androidの場合、「ブラウザ」というもので接続します。(Androidが手元にないので解説できませんが、詳しい方に聞いてくださいね)

「Safari」をタップして、キーワード検索のところに「Twitter」と入力します。
検索結果に「Twitter」が表示されますので、それをタップします。

既にSafariを使ってTwitterを使ったことがある人はスンナリとTwitter画面が出てきますが、初めて接続する人はTwitterログインをする必要があります。

ログインできたら、左上に表示されているアイコンをクリックします。

設定メニューが出てきますので「設定とプライバシー」をタップします。

画面が変わり、メニューが出てきますので「プライバシーとセキュリティ」をタップします。

画面の中央にある「画像/動画の表示 センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」にチェックを入れます。

スマホ操作には「変更を保存」する項目がないので、左上の矢印ボタンでホーム画面に戻ります。

これで設定は終了です。

発信側の設定ではなく、受信側の設定で表示されるようになります!

このTwitterの「不適切な内容が含まれている」といった画像が表示されない現象は去年の秋頃からちょいちょい出ていましたが、ここのところ見られないと言う方が多くなってきています。

これは投稿側に問題があるわけではなく、Twitterの画像認識システムを変えているせいで認識具合が変わっているせいだと思われます。なので、画像認識が落ち着くまではこの現象がまだ出るかもしれません。Twitterさんのシステムの方たちに頑張ってもらうしかありませんね。

ですが、普通に見せたいものを投稿している側にとってはちょっと迷惑な話ですよね。
発信側が設定できることではないので、受信してくださっているフォロワーさんが設定しないと表示されないので、発信者の方が根気よくフォロワーの方に教えてあげてくださいね。

Twitter

Posted by smika