イメージ提案に使える「Pinterest(ピンタレスト)」の基本的な考え方と操作方法

商品を紹介するにあたり、その使い勝手や、どういったシチュエーションで使えるのか、どんなシーンで使えるのかといった「イメージできるシーン」も必要ですよね。そのシーンは目に見えるものであると伝えやすいものです。商品の画像だけではなく、その商品がある光景を収めた写真の方が断然わかりやすい。
ですが、その光景を写真にすること自体がなかなか難しいといったこともありますよね。

そんなときに使えるのは「Pinterest(ピンタレスト)」という、画像に特化したサービスです。

Pinterest(ピンタレスト)とは?

Pinterestはネット上の画像を自分の「ボード」に「ピン」して集めたり、他の人のボードに貼られた画像を「リピン」することもできる、画像をブックマークとして集めることができるものです。

他の人が投稿した画像を転用するのは基本的にマナー違反となりますが、この「Pinterest(ピンタレスト)」は画像転用とは違い、画像元にあるURL(ウェブサイト)をストックするものなのでマナー違反になりません。
もちろん自分の写真もストックできます。

SNSのように拡散や認知度アップにつなげるものとしてではなく、イメージしているものを集めるものとして考えてくださいね。

写真投稿ならInstagramなんじゃないの?
そう思うかもしれませんが、機能の違い、用途の違いがあります。

下記の記事はPinterest(ピンタレスト)の用途について詳しく書かれていて、とてもわかり易いです。違いが知りたい方、何ができるのかを知りたい方はしっかり読んでみてくださいね。

Pinterest(ピンタレスト)とは? インスタグラムとの違いや基本的な使い方を知ろう

Pinterest(ピンタレスト)を運用するコツはボードのテーマをつくること

Pinterest(ピンタレスト)は画像をストックできるものですが、むやみにストックしても意味がありません。テーマを決め、そのテーマごとに当てはまるようにストックしていくのがコツです。そのテーマを振り分けられるのが「ボード」と呼ばれるものです。

ボードにはメイン、サブ、シークレットと使い分け方があります。
メインは本カテゴリ(分類)、サブはそのまた詳細の分類ができます。
シークレットは非公開。

ボートの作り方、使い方は下記の記事を参考にしてください。

Pinterestのボードはどう作る? 成果を出す作り方や運用のポイントまとめ

ボードを作成するとき、その画像のストックを「どうしていきたいか」を考えるのがコツです。

個人アカウント、企業アカウントの種類がある

Pinterest(ピンタレスト)のアカウントには、個人用と企業用があります。
見た目の違いはカバー写真がつくかつかないか、プロフィール欄にWebサイトの表示がされるかされないか、です。私は個人アカウントのままなのでそれ以上の機能がまだわかりませんが、企業アカウントの取得は無料なので、ビジネス活用につなげたいのであれば企業アカウントにした方がいいと思います。

私のPinterest https://www.pinterest.jp/mikasimosawa/
乗本さんは企業アカウントにしています。 https://www.pinterest.jp/tokoyanori/

自前のカタログ制作でお客さんにイメージが伝えやすくなる

そもそもなぜ、Pinterestの活用を勧めるようになったといいますと、友達のカメヤマローソクの藤本さんの使い方がなるほどなと思ったからなんです。


参考になるビジュアルを集め、自前のイメージカタログにして、お客さんの提案に使っているそうです。 その使い方を聞いて、なるほどなと思うのと、形があってもイメージしにくいものには使えるなって思ったからなんです。

例えば、「窓」や「玄関」は単体で紹介しても自分の家にどうハマるのかが想像しにくいですよね。機能性ばかり謳っても実感しにくく、その良さのきっかけとなるのは「見た目」だったりします。

外観とのマッチング。
内容との組み合わせ。
実際にやってみないとわからないものですけど、目安になるイメージがほしいですよね。Pinterestを使うと、そのイメージ提供がしやすくなるということです。

自分のセンスをストックすることで、その画像一覧からその人のセンスも感じやすいですから。

あと、ブログサイトにも埋め込みできます。ですが、この設定がちょっとややこしいんですよね。サイト制作の方にこの埋め込みをやってもらうとブログへの転用もできますので、相談してみてくださいね。

あ、そうそう、ボードもたくさん作りすぎてしまうと整理がつきにくくなってしまったりするようです。多すぎてしまったときのボードを見るのに小技を使うと良いみたいですよ。
藤本さんのブログを参考にしてみてくださいね。

といったわけで、今回は画像ストックで自前カタログが作れる「Pinterest(ピンタレスト)」の基本と使い方のご紹介でした。
もっと詳しく知りたい、活用の相談がしたいという方はお気軽にお問い合わせくださいね。

一緒に内容を考えましょう♪