2018.4.10 大阪エクスマセミナーで初登壇した「にわっち」は17期の特攻隊長。イケてる女性全開モードでした。

先日、開催された大阪エクスマセミナーは、2017年9月から一緒に学んだ仲間の講演デビューでした。

女性集客専門コンサルタントの丹羽綾さん。(ニックネームは「にわっち」)

最初のにわっちにあった印象は「女子っぽいな」って感じ。
私ね、女性でありながら、女性社会ってよくわかんないんです。で、にわっちからはそんな女性社会の匂いが感じられたんですよね。そして、結構人生楽しんでるようにも思えてて、ツッコミどころがない人だな〜なんておもってました。

でも、何度か会っていくうち、エヴァのカリキュラムで今までのにわっちの人生を聞いていくうちに、イケてる人にもイケてるなりの悩みがあって、それを克服するともっとイケてる人になるんだな〜って。悩みのタネは人それぞれで、それをどう受け止め、自分で消化するか。悩みのタネは自分自身にあって、解決するのも自分自身しかいないんですよね。そんなことを改めて思いました。

女性らしさより「自分らしさ」

にわっちが初めてエクスマ塾に行ったとき、Facebookのプローフィール写真をディズられたそうです。しかも、このプロフ写真はめっちゃお金がかかっているのに。

確かにイメージは大事だけど、自分らしくなかったら意味がない。
無意識とはいえ、殻をかぶっているといろんな歪が出ちゃうんですね。にわっちは本当に素晴らしい人なのに、その良さを受けとってもらえなくなってしまう。それを感じるから、またさらにカッコつけたりして無理が出てしまう。

そこに気づいて、自分をもっと出していこう!と思ったそうです。

デキる女を演じていると疲れるし、利用もされやすい。本来の自分を見てもらえない。
環境は違うけど、私も過去にそういうことがありました。それを続けていると自分のことも嫌になっていくしね。

自分を好きになるって、とても大事なことだと思います。
こんなに素敵な笑顔で自分のことを話せる、それだけでめっちゃ惹かれますもん。

自分らしさが一番ですね。

にわっち、初登壇お疲れ様でした!
本当に素晴らしい場になって、そこに立ち会えたのも嬉しかったです!

本当のことを伝え合える関係性

エンドロールでのメッセージでちょっとウルっとしました。

自分のことって意外と分からないものです。そしてちゃんとした付き合いをしていないと誰も教えてくれないものです。

私はみんなに「素敵ですね!」「素晴らしいね!」と言われていました。だから自分もそう思ってた。そして、そうじゃないといけないとも思っていました。

たくさんの人に囲まれていても、実は孤独。いつどこで足元をすくわれるかもしれない。そんな風にも思っていました。

どんどん自分で自分を苦しくしていた。でもそれにすら気付いてなかった。あのまま進んでいたらとおもうと怖くなります。

エクスマに飛び込んで、少しずつ行動して、結果、私は変わることができました。そうしたら私の周りも変わっていきました。お客様も仲間も家族も・・・みんな、本音の付き合いです。

もし違う方向に進んでしまっても、違うよって言ってくれる仲間がいます。 私のことを求めてくれるお客様がいます。

もうそのまんまの私でいい。誰に対しても安心して素の自分でいます。上辺の付き合いなんて要らないから。

今、仕事もプライベートも好調です!すごく楽しいし、すごく自由です。

本当のことを伝え合える関係性。もうそれしか要らないとおもっています。

これからもどうぞ宜しくお願いします。
株式会社絢成  代表取締役 丹羽綾

こんな素敵な仲間がいることが嬉しいし、そして、私も頑張らなきゃ!とも思います。
同じ女性として、共感するところが多々あり、お手本にしたいところばかり。

これからもよろしくね♡

エクスマ

Posted by smika