悪口を言う人や、揚げ足取りな人とは距離を置いたほうがいいよね。

Facebookなんて、ろくなもんじゃねえな。

たまにそういう言葉を聞きます。
でも、そういう人に限って、ちゃんと仕組みや意図を理解していない人が多いんですよね。

そして、投稿もしていなければ、アイコンも魚とか、本とかだったりします。

でね、そういう人に限って、人の揚げ足をとったこととか、悪口を話題にするタイプの人が多いんですよね。あ、あくまでもシモサワリサーチによるものですので、悪しからず。

他人のことを話題にするのは悪いわけではないんですけど、そこに好意があるかどうかというのが問題で。悪意がある話題というのは、聞いていても気分が良くないですよね。自分に関係のない人の話題でも結局どうしたいんだ!って思っちゃう。
というか…悪意を持つくらいなら、付き合わなきゃいいのにね。

私も人間なので、悪口を言われることが多々あります。

若い頃は、その悪口が耳に入るたびにいちいち怒ってました。
ちょっと前までは、悪口を聞くたびに凹んでました。
最近では…悪口を言われるような振る舞いだったんだな〜と、反省します。でも、それを言った人とは距離を置くようにしています。
なんかね、その方がお互いのためというか、自分を守る方法というか。意思の疎通の可能性がないところにエネルギーを使っても無駄かなって思うんです。

エネルギーって限りがあるから、使う方向を間違えちゃうと無駄になっちゃうんです。
疲れやすくなるしね。
だから、喜んでくれる人、必要としてくれている人の為に使ったほうが良いなって。

で、ちょっと前の悪口を気にする自分を思い出してみたんです。

そしたらね、受け取る自分にも問題がありました。
それは「自信が無いこと」

自信喪失してしまったのには、いろんなことが重なりすぎて、こんがらがって、にっちもさっちもいかないことばかり何年も続いたからなんです。
そのときは本当に苦しかったけれど、いま思うと、ちょっと笑えるぐらいのいい想い出です。

自信が無いときって、他人と比べちゃうんですよね、私。
他人をすごく観察するから、余計に比べることばかり出てきてしまって。本当は共通点を探すために身に着けた観察眼なのに、違う使い方をしちゃってたんです。

で、観察すればするほど羨ましくなって、ひがんで、妬ましくなって…そして、自分を振り返って凹むという(笑)
そこに追い討ちかけるように悪口が聞こえてきたりするもんだから、余計に凹むし、言われないようにって変に力んでしまったりしてたんですよね。

最近、悪口が気にならなくなったのは、ヘタレな自分を受け入れるようにしたからなんです。
ナマケモノの私も私だし、逃げてたら逃げたで思ったような結果が出ないのは当たり前。逆に、精を尽くしたら尽くした分だけ結果が出るし、その結果で改善もできるし、方向性も修正できるということを知って、やってみたからなんです。

人って、心意気を感じとることができるので、心意気があれば必ず受け取ってくれる人っています。その心意気を保てるのは自分だけで、無くすのも自分次第なんです。

私はね、商売している人に活き活きとしてほしいなって思ってます。
元気でいてほしい。健康でという意味ではなく、その人が持っている「気」を存分に発揮して欲しい。そのために役立てることがしたいなって思ってるんです。

これを一言でどう表したらいいのかよくわかってません(汗)
でも、このブログのサブタイトル、Twitterのユーザー名になっている「街の社長の家庭教師」がそれに近いものなんだろうな。最近になって、やっとこの言葉が馴染んできたように思います。

今日のブログは、なんとなく思ったことから書き始めたことで、結論がないまま書いてしまいました。ま、とにかく、周りがいろいろ言っても反省する点は反省して、あまり気にしないほうがいいよってことです。

雑感

Posted by smika