SNSを通じて買うのは商品だけではなく、その人の魅力を買ってるということ。

私はここ数年、SNSを通じたお買い物が増えたんですけど、SNSを通じて買うものは、お洋服、食品、化粧品、お酒…と、どこで買ってもいいようなものばかりだし、実際に手にとって見てみなくて大丈夫なの?と思えるような物だったりもします。

先日、あるお客さんとそのSNS消費の話になりました。

注文するときはその人のSNS投稿欄のコメントでお願いするとか、直接メッセージを送るとか、ネットショッピングとは違い、注文するにも少し入力の手間がかかります。さらには、商品に関する質問をされたり、発送に関するやり取りもあるから、Amazonで買うより時間もかかります。

じゃあ、それを面倒だと思うのか?
答えは「否」

むしろ、そのやり取りが嬉しいし、そのやり取りがあるから、届いて手に取ったときの気持ちの高まりが倍増します。

そして、大概欲しくなるのは、宣伝目的で紹介されているような投稿ではなく、その人の人柄を感じられるようなときなんです。そのときにたまたま紹介されている商品が欲しくなっちゃう、そんな感じなんですよね。

それって、商品を通じてその人の魅力を買っているってことだよね。

一連の話をした中で、そのお客さんがこう言ったんです。
その言葉を聞いて、私は正しくその通りなんですよーーー!って、ちょっと興奮しちゃいました(笑)

商品を通じて、その人の魅力を感じたい。

商品を通じて、その人の魅力を感じたい。
その気持ちがあるから欲しくなっちゃうんですよね。

もっと言うならば、商品だけでみたら、特別に欲しいものではなかったりします。あったらいいな程度のもの。
でも、「この人が売っている」という付加がついた途端、「買いたい!」に変わるんです。

一番最初にSNSでお買い物したのは、福岡県久留米市にあるドラッグ愛敬の内野(まーちゃん)さんから。まーちゃんはとても優しい方で、親身になって相談に乗ってくれて、体調が悪かった私はその優しさにとても癒やされました。

まーちゃん、いつかまた…ね

そして、短パン社長がプロデュースするブランド「KEISUKE OKUNOYA」

全商品は買えてないけど、短パン社長の魅力を身近に感じたいから、欲しくなるし、お洋服やグッズ類と日常で使いたくなります。
あとね、安心感もあって…短パン社長のお洋服を着ていれば間違いないって思えちゃうんです。

藤村先生とお揃い〜♡

短パン社長はかなり話題になっている方です。
でも、話題になっているから欲しい、とはちょっと違う。

厳しさも、優しさもあるし、間近でみる人間臭い部分、そして誰よりも愛情をもった発信量の多さ、行動力、全部ひっくるめた大きな魅力を少しでも感じていたんですよね。
だから、買うという行動でそれをしようとします。

魅力的な人というのは、憧れがある人だけではなく、気持ちが通じている人もそうです。
いきなり気持ちが通じるってことはないですけど、リアルで会って、SNSを通じて好感が持てるようになって、その人の気持ちの姿勢を知って、他愛もないやり取りを重ねて…その中で紹介されるものにも心が動くようになるんです。

去年からお洋服をお願いしている淡路島の待子ちゃん。
「淡路島からお洋服買ってるんです」っていうと、結構びっくりされます(笑)淡路島だから買うんじゃなくて、買いたいと思う人がたまたま淡路島在住だったというだけなんですよねー。

コーデ下手な私にとって頼もしい相談相手だし、なにより待子ちゃんとのやりとりがホッコリするんです。

それでもって、やりとりを重ねていくうちに待子ちゃんも私の行動範囲を知ってくれるようになるから、話が早くて。

って、ブログを書いていたら…待子ちゃんからの荷物が届きました!

SNSを通じてモノを買うというのは、ただ「モノ」を買ってるってことではないってことで、それを紹介している「その人の魅力」を体験したいから、買うという行動が起こるってことです。モノはそれを実感する媒体ってこと。

SNS発信でよく見かけるモノ紹介では、買うという行動まで繋がりにくいんですよね。行動発端になるのはその人の考え方や、日常の行動、物の見方ってことで、SNS発信に自分紹介が必要なのはそういうことなんです。

じつは買うことに関していろいろと理屈をつけるのが苦手なんですよね、私。
自分がいいと思えば買うし、セミナーとかにも参加します。自分の感覚を信じた消費行動を起こしているって感じです。
でも、集客や販促のコンサルをしている以上、たまには理屈を言わないとね(笑)