伝えることの「根源」を見つめていかないことには伝わらない。

なぜ、そのことを伝える必要があるのか?

伝える力を高める、エクスマ塾の上位コースで「エヴァンジェリストコース」に9月から行くようになって、伝えることについていろいろ考えています。
エヴァンジェリストというのは、伝道師という意味があります。

伝えるには、その根源となることがあるはずで、それをすっ飛ばしていたらその内容は伝わらない、伝わらないものは行動のきっかけにはならないってことで、藤村先生が仰る「伝わらなければ存在しないのと同じ」になってしまうんですよね。

自分がが行動に移そうと思った衝動の理由、それをし続けた情熱の素、自信につながる志。
こういった自分の根源にあることを、丁寧に自覚していかないと伝える力ってつかないなって思います。

それは自分の過去に向き合うことにもつながるし、思い出したくない失敗をほじくり返さないといけないこともあります。

この間みたドラマで(なんのドラマだったか忘れちゃったけど)
「何をしてきたのかを語るのはカンタンだけど、自分の失敗談を教えるのは難しい」というようなセリフがありました。

それを聞いて「あ。確かにな。」って。
自分の失敗を自分の教訓にできないようでは、伝える力ってつかないなって。

自分自身がやってきたことなのに、自分が肥やしにしていないものを言っても伝わらないですよね。

自分は「なんの為にそれをしているのか?」
まずはそこに向き合わないと、人さまに伝える行為につながらないってことですよね。

やみくもに声を上げたって、発信したって、伝わらない。
でも、伝えていかなければ、人との関わりは作れない。

今の時代、人との関わりや繋がりはとても重要なものですから。

ということで、今年は今まで以上に「伝える」ということについて考えていきたいと思います。

 


一緒に伝えるということを考えていきませんか?
お申込み、詳細はコチラから↓
お客さんづくりにつながるTwitter講座