私が仕事をする理由を考えたら、仕事をする意味にたどり着いた。

こんにちは。
シモサワです。

ふとしたことで、先週から水商売の業界でアルバイトをしています。
(といっても、期間限定ですけど…)

化粧が濃いなー(笑)

4年前までいた業界ですけど、勘を取り戻すのは時間がかかりますね〜。
でも、なんだかんだで楽しくやっています。

仕事をする理由を振り返る時間ができた

このバイトを始めた理由は、年末年始がちょっと時間が空くからというのと、運動不足を解消するために少しでも体を動かそうかな、なんていう、ちょっと邪な考えからでした。
でね、フロアに出るっていうことも考えていなかったんですよ。どこか、居酒屋の皿洗いしながら、飲んでいる人たちの傾向を見ようかなぐらいだったんですけど、アテを探しているうちに、知り合いのお店に行くことになりました。

結果的にフロア仕事になってよかったなって思います。

もともといた場所で仕事をするうちに、なんで自分は仕事をするのか?ということを、考えることができました。

仕事をすることばかりにこだわっていた

私ね、中卒で水商売の世界に入って、そこからずっと仕事をしています。
途中で3回結婚をしましたけど、その間も仕事をしていました。

仕事をしないっていう選択がないんですよね。
ただ、その理由は単に報酬をもらうためにするわけではないんです。

報酬目当てであれば、今の仕事を選んでいないし、仕事をすること自体を深く考えなかったと思います。

若い頃、3年ぐらい無報酬で仕事をしていたこともありました。そして、その期間、誰よりも頑張ったという自負もあります。ま、今思えば「バカだったな〜」と思うことですけどね。

5年前、体を壊して、その当時のスナックの仕事が思うようにできなくなったとき、仕事ができないことがすごく悲しかった。

常に私は「仕事をする」ということが生きることと同じと思っていたから、仕事ができない自分をすっごく責めました。できない自分を責め過ぎて、自分で自分を叩きのめしちゃったんです。そのときは心が病みました。

でもね、どんな状態でいても仕事がしたかったんです。
仕事というものは何たるかっていうのを自覚しないまま。

自分の仕事の意味を考えてみることで、やりがいが出る

仕事をする意味って、考えたことはありますか?

私はね、「来たお客さんが喜んでくれるから、仕事になっている」って思っていました。
とくにスナックは「楽しませてナンボ」の世界ですから、そういうものだって思っているところがあったんです。喜んでくれる、楽しんでくれているから、満足してもらえ、仕事として成り立つんだって。
それも全く間違いではないと思うんですけど、それだけでは酒を飲んで終わりになっちゃうんですよね。ただ、そのときだけ楽しんでもらえればいいってもんじゃないんです。

スナック仕事を引退して、SNSを使った商売発信のサポートの仕事を始めたとき、「お客さんが喜んでくれることは何か」ということを考えました。それを考えることで、またお客さんと関わっていける、仕事ができる、と思ったから。

でもね、最近、ただ喜んでくれるだけのことを考えていては、足りないんだということに気づきました。

今の仕事は商売をしている経営者さんと一緒にSNSやデジタルツールを使って、発信する内容を一緒に考えていくということなので、発信する人だけが喜んでいては足りなんです。
その人が、その人らしく元気になれることも一緒に考えていかなきゃいけないんです。

「元気」って元の気って書きますよね。
元気でいるって、元のままの自分の気でいるってことで…らしくいるってことなんだと思うんです。元の気を存分に発揮できるような環境を作ることが、結果的にいい仕事ができる環境になるってことなんだと思います。
その環境づくりにもSNS発信がとても役立つんです。
環境って、人で作られるものですから。

私は、私と関わってくれた人たちの元気な姿が見たいんです。その元気になる方法として、以前は水商売をしていたし、今はSNS発信のサポートをしています。
私の仕事は、人を元気にすることを考え続けることです。

そして、その元気な姿で私も元気にしてもらえてる、そのためにいろんな勉強をするし、情報収集をするってことなんです。

仕事をする意味というのを考えてみると、「だから頑張れるんだ」ってことがわかるんですよね。人間不思議なもので、意味があることにやりがいを感じるし、その事自体に夢中になれるんですよね。理屈じゃなく、気持ちで動けるようになる。
これって、結局、好きってことにもなりますね。

私は仕事をするのが好きと思っていましたけど、自分が好きなことのために仕事をしているんだと、今更ながら気づいた次第です。

と、いうわけで…今夜も出勤してきま〜す。